臍ヘルニア相談

赤ちゃんの臍(さい)ヘルニア(でべそ)は、そんなに心配されなくても大丈夫です!

ですが、お母様方は、ご心配ですよね。当院にご相談ください。安心していただけるようご説明いたします。また、必要であれば治療のご提案もいたします。


臍ヘルニアとは

臍(さい)ヘルニアとは、臍(へそ)の緒が取れた後に、お臍が飛び出しているように見える状態です。いわゆる「でべそ」で、赤ちゃんの5~10人あたり、1人くらいの割合でみられます。お子様のでべそが気になったら、ご相談ください。

臍ヘルニアの原因

かつてよく臍の緒の切り方が悪かったせいだなどと言われましたが、そんなことはなく、臍の緒が胎児に付着していた部分(臍輪)が完全に閉じた状態にならないことが原因です(臍輪閉鎖不全)。臍輪閉鎖不全の状態で赤ちゃんが泣いたり、息んだりすることによって、お腹に圧力が掛かり、筋肉の閉じていない隙間から腹膜などが押し出され、飛び出してしまうわけです。また、なかには腹筋の間から腸がせり出してきて、皮膚を盛り上げているケースもあります。

臍ヘルニアの症状

飛び出した臍が大きくなります。稀ながら、1~2歳を過ぎても飛び出たへそが残るケースがあります。

臍ヘルニアの治療

生後3ヶ月頃まで、時にはピンポン球くらいまで大きくなりますが、9割以上は1歳頃までにヘルニアの出入り口の筋膜の隙間(ヘルニア門)が自然に閉じて治ります。このように自然治癒が期待できるので、多くは2歳頃までは治療をせずに、経過観察をします。

ただし、臍ヘルニアが大きい場合は、たとえ自然に治ったとしても、臍部の余った皮膚が見栄えの悪い形で残ることがあり、臍の形を良くするための治療を行うことがあります。方法としては、スポンジで臍を圧迫固定する治療法や、広がっているヘルニア門を閉じる手術などがあります。前者の圧迫療法は乳児期早期に有効ですが、絆創膏固定をするために、かぶれを起こすことがあり、皮膚の状態をよく観察しながら治療を続けます。

また、ヘルニア門が狭い場合に、稀ながら臍部皮膚の内側、筋膜との間で腸がはまって外れなくなることがあり、こうした場合(ヘルニア嵌頓)には緊急手術が行われます。