小児科

どんな些細なこともご相談ください

熱、せき、のどの痛み、鼻みず、鼻づまり、腹痛、便秘、嘔吐、下痢、ひきつけ(痙攣)、夜尿症(おねしょ)など、お子様の体調不良や病気を幅広く診療いたします。

少しでも不安を感じられたら、些細なことでも、お気軽にご相談ください。 地域の小児科「かかりつけ医」として丁寧な診療を心がけ、病状や治療についてわかりやすく説明をいたします。

※診察の結果、詳しい検査や入院加療、手術などが必要と判断された場合は周辺の地域連携病院へ、また耳鼻咽喉科や眼科、整形外科など他科にかかわる疾患の場合は、それぞれの専門医をご紹介いたします。

※学校の健診などで何らかの「異常」や「指摘」を受けたお子様の診療も行いますので、遠慮なくご相談ください。

地域医療連携

スムーズな診察のために

お子様の症状について、下記のような情報をお教えいただけると診察を進めやすくなります。できる範囲でご協力ください。

  • 今の症状や様子
  • その症状はいつ頃から現れ始めたのか
  • 熱、せき、痰、鼻みず、のどの痛みの有無とその状態
  • おしっこやうんちの状態(異常があれば、撮影してお持ちになるのも良いでしょう)
  • 食欲の有無とその程度
  • 薬に対するアレルギーの有無
  • 現在、服用させている薬(お薬手帳)、継続して通院している病院
  • これまでに経験した大きな病気や手術
  • 入院の有無 など

お子様の具合がひどく悪い場合

診療は原則として予約順および御来院順に行いますが、下記のような症状がある患者様の場合は配慮をいたしますので、お申し出ください。

  • 何度も嘔吐を繰り返して、ぐったりしている
  • ひきつけ(痙攣)を起こしている、またはその直後である
  • 激しい頭痛や腹痛がある
  • 喘息の発作等により、呼吸が苦しそうである
  • ウトウトして目つきがおかしく、ぐったりしている
  • 周囲の刺激に反応しない など

※このような急性症状のお子様がいらっしゃる場合には、診察の順番が前後することもありますが、あらかじめ皆様のご了承をお願いいたします。


お子様によくみられる症状とかかりやすい疾患

お子様によくみられる症状

以下は、お子様によくみられる症状です。
※「お子様によくみられる症状」について、もっと詳しくお知りになりたい方は別ページに詳細を記載いたしましたので、是非、お読みください。

  • 発熱
  • せき、痰(たん)
  • ゼーゼーする
  • のどの痛み
  • 鼻みず、鼻づまり 
  • ひきつけ(痙攣/けいれん)
  • 熱性けいれん
  • お腹が痛い
  • 嘔吐、下痢 

熱性けいれん

子どものけいれんで最も多いのは「熱性けいれん」です。熱性けいれんは、字のごとく「熱があり、けいれんを起こす病気」です。生後5、6か月から5、6歳までの子どもに使われる病名で、尚且つ熱の原因が髄膜炎、脳炎など中枢性疾患や代謝性疾患ではないときです。

熱のほとんどの原因は、風邪などの感染症です。子どもの5、6%にみられるごくありふれたものです。両親や兄弟に、子どものころ同じ熱性けいれんを起こした既往があることが多く、遺伝的な病気だと言われています。

一度、熱性けいれんをすると30%から50%の子どもが繰り返すようで、38度以上の熱を出してから24時間以内に起こることが多くあるようです。

2、3日熱が続いてから、けいれんを起こすときは、熱性けいれんよりも髄膜炎や脳炎の場合が多く要注意です。ですから突然けいれんを起こして、初めて熱があることに気づくことも多いのです。熱性けいれんで脳に影響することは非常に稀です。


子どもの肥満

子どもの肥満は、大人の肥満の原因になります。特に年長児の肥満ほど、大人の肥満に移行しやすいことが知られています。思春期に肥満になってしまうと、身長が伸びて体格が形成されてしまったり、肥満を引き起こす生活習慣が定着してしまったりすることから肥満が定着し、元に戻すことがとても難しくなります。

小児期でも肥満治療は重要なのです。しかもできるだけ早いうちに治療を始めることが大切ですので、ご相談ください。なお、肥満のなかには病気が隠れていて、その病気が原因となって肥満を呈してくることもあります(2次性肥満)。その際は、身長の伸びが悪くなるのが特徴です。

生活習慣病健診 低身長相談

子どもの貧血

多くの鉄欠乏性貧血は、ゆっくりと進行します。そのため、体が鉄の欠乏に慣れてしまい、明らかな症状を自覚しないままに貧血が進んでいることも少なくありません。特に年齢の低い子どもの場合ですと、なかなか自分から不調を訴えるようなことが無く、したがって発見も遅れがちになります。保護者の方が、よく注意して子どもの様子を観察してあげることが大切です。子どもの鉄欠乏性貧血の多くは、血液検査をすれば診断がつきます。治療にあたっては、鉄剤や鉄シロップ、顆粒剤などを内服します。ただし薬に頼るだけでなく、家庭での食事療法も併せて行いましょう。

乳幼児健診は、お子様の心配ごとを相談するチャンスです。些細なことと思われずに、何でもお話しください。医師、スタッフは、子育て経験者です。お母様方に安心して子育てをしていただけるようサポートいたします。

乳幼児健診

お子様がかかりやすい疾患

以下は、お子様のかかりやすい代表的な疾患です。

急性上気道炎(かぜ)

上気道(鼻からのど、気管の入り口にかけての空気の通り道)にウイルスなどの病原体が感染し、炎症を起こしている状態を急性上気道炎と言います。主な症状はくしゃみ、鼻みず、鼻づまり、のどの痛み、せき、痰、頭痛、熱などです。発熱の程度はいろいろですが、乳幼児では熱が高く(38〜40℃)、症状も強くなる傾向が見られます。水分補給や栄養補給をしっかり行い(特に乳幼児では、脱水に注意が必要です)、安静を保つなどのケアを行ってあげれば、ほとんどは自然に治癒します。


気管支炎

気管支の粘膜に炎症が起こった状態です。急性上気道炎に3〜5日遅れて発症し、激しいせき、痰、発熱を伴います。原因の多くはウイルスで、上気道からの分泌物の下降や呼吸に随伴する吸い込みにより、ウイルス感染が下気道に波及することにより発症します。ウイルスが原因の場合は、特別な治療法は無く、対症療法が中心になります。対症療法としては、鎮咳薬、去痰薬、消炎薬、気管支拡張薬などが用いられます。細菌感染が疑われる場合は、抗菌薬(抗生物質)を投与します。


肺炎

肺炎の原因にはウィルス性、細菌性、マイコプラズマなどがあります。

ウィルス性肺炎

ウィルス性肺炎の多くは、経過とともに自然に回復していく比較的予後の良いものです。ウィルス性肺炎の原因は、RSウィルス、パラインフルエンザウィルス、などによるものです。乳児期(18ヶ月以下、とくに6ヶ月未満)に多い細気管支炎もウィルス(主にRSウイルス)が原因ですが、1~3日の軽いかぜ症状のあとに、急速に症状が悪化し、激しいせきと呼吸困難、チアノーゼが現れてきます。細気管支炎は重篤な病気なので入院が必要になることがあります。

細菌性肺炎

気管支粘膜がかぜのウィルスによって障害されると、肺炎球菌、インフルエンザ菌などの常在細菌の攻撃を受けやすくなります。乳児では黄色ブドウ球菌が原因で肺炎を起こすと、重症化しやすいので注意が必要ですが、一般的に、細菌性肺炎は適切な抗生物質による治療が行われると、比較的速やかに回復していきます。

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ感染症は幼児から年長児の肺炎の原因になります。マイコプラズマ肺炎は、通常使用される抗生物質があまり有効でなく、マクロライド系・テトラサイクリン系といわれる抗生物質を使う必要があります。せき・発熱など、かぜ症状によって始まり、気がつくと肺炎を起こしているという事もあります。
通常のかぜならば、発熱しても3日くらいで解熱してきますが、発熱の持続、特に夜間の激しい咳などが見られるときは、マイコプラズマ感染症の可能性もあります。子どもがかぜをひいた際には、発熱後、何日経過しているかを数えてみる事も重要です。


嘔吐下痢症(多くはウイルス性胃腸炎)

嘔吐下痢症とは、ノロウイルスやロタウイルスなどのウイルスが体内に入り込み、ひどい嘔吐や下痢症状が現れる疾患です。熱は出ない場合が多く、出たとしても38℃前後と高熱には至らないケースがほとんどです。嘔吐や下痢は比較的短期間で治まりますが、脱水症状を起こす危険があり注意を要します。通常、吐き気止めや整腸剤で治療しますが、食中毒など細菌感染(大腸菌、サルモネラ、キャンピロバクターなど)が疑われた場合(血便があるなど)は抗生剤の治療が必要になります。しかし、嘔吐下痢症を治すには、基本的にウイルスが体外に排出されるのを待つしかありません。子どもの状態を見守りながら、症状が治まるのを待ちましょう。


尿路感染症

細菌による腎尿路系(腎臓・尿管・膀胱・尿道)の炎症のことで、主に膀胱の感染症(膀胱炎)、もしくは腎臓の感染症(腎盂腎炎)を指します。尿道口から細菌が膀胱内へと侵入することによって発症し、膀胱に感染が留まっている場合は膀胱炎、細菌が上方に向かって腎臓に侵入すると腎盂腎炎を起こします。尿路感染症か否かは、尿の中の細菌の有無を確認して診断します。発熱を伴わない膀胱炎なら、多くは抗菌薬を服用すれば丸1日で症状の改善が見られ、3日間も服用すれば治ります。しかし高熱を伴い、腎盂腎炎が疑われたケースでは、2週間ほどにわたる抗菌薬の投与が必要になります。