アレルギー科

アレルギーとは

イメージ

私たちの体には、ウイルスや細菌などの異物が入ってきた時に、これら外敵を攻撃しようとする免疫機能が備わっています。ところが、この免疫が、食べ物や花粉など私たちの体に害を与えないものまでを有害物質と認識して過剰に反応し、攻撃し過ぎる結果、逆にマイナスの症状を引き起こしてしまうのがアレルギーです。本来なら体を守るはずの免疫反応が、自分自身を傷つけてしまうアレルギー反応に変わってしまうわけです。
近年、アレルギー関連の病気に罹る人がたいへん増えて来ました。現代病の一つとも言えるでしょう。

アレルギーが疑われたら

当院では、アレルギー物質によって引き起こされる疾患、例えば気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、花粉症などの診断と治療を行います。
気になるアレルギー症状、またはアレルギーの可能性がありそうな症状がみられたら、早めにご相談ください。

初診に際して

初めて「アレルギー科」を受診する際、患者様には下記のような「メモ書き」をご用意いただくと、診察がスムーズに進みますので、可能な範囲でご協力ください。

  • 初めて症状が出た時期
  • 症状の具体的な内容
  • 症状が出たきっかけ
  • その後の症状の経過
  • これまでにかかった医療機関
  • これまでに受けた検査の結果
  • これまでに使用してきた薬の名称
  • 家族にアレルギー患者がおられるかどうか
  • ペットの有無
  • 喫煙者の有無 など

アレルギー検査について

アレルギー症状を引き起こす原因、つまり抗原(アレルゲン)には、ダニ、ハウスダスト、花粉、食物、カビなど、いろいろな物質があります。
アレルギー検査は、抗原が何であるのかを特定し、治療に役立てるための検査です。
検査方法には「血液検査」や「皮膚テスト」、「食物除去テスト・負荷テスト」などがありますが、当院では、「血液検査」と「負荷テストの一部」を実施しております。

血液検査

特定の物質(アレルゲン)に対するIgE抗体*(特異的IgE抗体)の数値を採血により検査します。

食物除去テスト・負荷テスト

食事内容から、アレルギーを起こしていることが疑われるアレルゲンを除去します。
1週間~10日間ほど除去した食生活を続けて症状が軽くなったようなら、今度は逆に、その食物を食べて負荷(誘発)テストを行い、症状の有無と経過をみます。因果関係がはっきりしないような場合は、繰り返しテストを行って再度観察します。
負荷テストにおいて、不用意に食べさせたりすると、極端な場合にはショックに陥ったりするため、専門医のもとで慎重に行う必要があります。

*IgE抗体
免疫に関係するたんぱく質である免疫グロブリンの一つで、健常人ではごく微量しか検出されません。抗原(アレルゲン)と結合することにより、化学伝達物質(ヒスタミンやロイコトリエンなど)をマスト細胞という細胞から放出させ、アレルギー反応を引き起こします。

**アナフィラキシー反応
極めて短い時間のうちに全身にアレルギー症状が出る反応のことで、血圧の低下や意識障害などを引き起こし、最悪の場合には生命を脅かす危険な状態になることもあります(アナフィラキシーショック)。

アレルギー科で扱う代表的な疾患

気管支喘息

イメージ

気管支喘息は、空気の通り道である気道に炎症が起きる疾患で、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という症状(喘鳴)が特徴的です。
気管支喘息の患者様の気道は過敏になっており、アレルゲン(ダニやハウスダストなど)やウイルス、タバコや冷たい空気などによる刺激が加わると、気道の分泌物(痰)が増え、気道が狭くなります。そのため、咳が出たり、息苦しくなったりします。
治療としては、抗原回避(アレルギーの原因物質を排除する環境整備)をし、喘息治療薬を適切に用います。喘息の治療薬には、発作を予防するために定期的に使う長期管理薬(コントローラー)と、発作が起きた時に、その症状を鎮めるために頓服的に用いる発作治療薬(リリーバー)の2種類があります。リリーバーを使わなくても済む状態を目指して、コントローラーを上手に使って治していきます。

食物アレルギー

食べ物が原因となって引き起こされるアレルギーのことを食物アレルギーと言います。食物アレルギーの症状は、じんましんなどの皮膚症状、喘鳴(ゼーゼー・ヒューヒューする)などの呼吸器症状をはじめ、目や鼻、消化管などにおける症状も見られます。
原因となる食べ物には、卵、そば、魚、乳製品、エビ・カニ、小麦、ピーナッツ、大豆などが知られています。原因となる食材はいろいろな検査で見つけ出します。原因食材が見つかったら、治療はそうした食材をアレルギー症状が出ている間は除去します。原因となる食べ物を少しずつ食べていくことで、食べられるようにする方法が採られることもあります。薬物療法としては、抗アレルギー薬をしばらく用いたりします。
なお、乳幼児の場合は成長とともに消化管機能が成熟し、消化力が発達して、次第にアレルギー症状が軽くなり、原因食材が食べられるようになるケースもよくあります。

アトピー性皮膚炎

イメージ

アトピー性皮膚炎は、痒みのある湿疹を特徴とする皮膚疾患で、良くなったり悪くなったりを繰り返します。遺伝的な体質に環境要因が影響して発症すると考えられています。多くの患者様が、皮膚が乾燥しやすい素因(ドライスキン)とアトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)を併せもっています。
治療の中心は、薬物療法です。外用薬としては、保湿剤、ステロイド*や免疫抑制薬の塗り薬があります。ステロイドの塗り薬には、炎症を強く抑える作用があり、免疫抑制薬の塗り薬は過剰な免疫反応を抑えます。ほかに痒みを抑えるために、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を補助的に用いたり、重症の成人患者様では、ステロイド薬の飲み薬や免疫抑制薬の飲み薬を服用したりすることがあります。どの薬をどのように組み合わせて、どのくらいの量を使うかは、医師が患者様個々人の皮膚の状態などをよく診て判断します。

*ステロイド
アトピー性皮膚炎の治療にあたり、ステロイドの塗り薬に抵抗感をお持ちの方が少なくないようです。しかし、症状に応じて必要な量を必要な期間だけ使い、症状が軽くなったら減薬したり、弱いものに変えたりするように適切に用いれば、何ら心配はいりませんので、不必要に怖れたりしないでください。

アレルギー性鼻炎

アレルギー症状を引き起こす原因物質(アレルゲン)を吸入することで、抗原と抗体が鼻の粘膜で反応し、鼻症状を起こすのがアレルギー性鼻炎です。風邪と違って、のどの痛みや熱などは伴いません。アレルギー性鼻炎(通年性)の原因はハウスダスト(家の埃やダニの糞・死骸など)です。ペットの毛やフケ、カビも原因となります。スギ花粉やヒノキ花粉などが原因となる花粉症もアレルギー性鼻炎の一種です(季節性)。
症状は主として鼻と目に現れ、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりが3大症状です。通年性では一年じゅう症状が続き、季節性では毎年春などの決まった季節に症状が起こります。
アレルギー性鼻炎の症状を軽くするには、とにかく家の埃、ダニの糞・死骸、ペットの毛やフケ、カビ、花粉など、アレルギーの元にできるだけ曝されないように工夫することが肝心です。その上で、抗アレルギー薬の内服や鼻スプレーで症状を抑えていきます。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは、アレルギー反応により目の痒みや異物感などが起こる疾患です。日本人の15~20%程度がアレルギー性結膜炎に罹っていると言われ、その多くは(約85%)、花粉症による眼症状(花粉性アレルギー性結膜炎)と推定されています。
代表的な症状としては、目が痒い、目がゴロゴロする、目ヤニが多いなどがあります。程度の差こそあれ、一般に両目に症状が生じることも、この疾患の特徴です。
治療は、薬物療法が主体となります。通常、最初に抗アレルギー点眼薬を使用し、それでも改善しない場合はステロイド点眼薬を用います。なおも症状が治まらずに日常生活や仕事に差し支える場合は、抗アレルギー薬を内服することもあります。なお、季節性アレルギー性結膜炎(花粉症)については、花粉の飛散が始まる2週間くらい前から抗アレルギー点眼薬の投与を開始すると、より効果的と言われます。

花粉症

イメージ

花粉症とは、スギやヒノキなど植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどのアレルギー症状を引き起こす疾患です。
症状としては、立て続けに何回も出るくしゃみ、透明でサラサラした鼻水、両側の鼻づまり、目の痒みなどが代表的です。微熱は出ても、高熱にならないのが特徴的です。
治療のベースは「抗ヒスタミン薬」の内服薬で、諸症状を軽くする効果があります。鼻づまりが強い人には、内服薬に加えて局所ステロイドの点鼻薬を併用します。目の痒み・異物感などの症状には、抗アレルギー点眼薬やステロイド点眼薬を用います。
さて、病気の治療は症状が出てから行うのが原則ですが、花粉症では症状が出る前からの治療が認められています。花粉症が飛び始める少し前から、薬による治療(初期療法)を始めると、発症を遅らせ、シーズン中の症状を和らげる効果が期待できます。

蕁麻疹(じんましん)

痒みの強い、丸っぽい形をし、わずかに盛り上がったみみず腫れ(膨疹)が数分~24時間以内にできて消えていく皮膚疾患を蕁麻疹と言います(通常の湿疹では、短い時間で消退を繰り返すようなことはありません)。多くは痒みを伴いますが、チクチクとした痛みや、熱く焼けつくような痛みが生じることもあります。かさつきは見られません。
蕁麻疹の原因は、食べ物や内服薬、細菌やウイルスの感染など様々で、検査としては皮膚テストや血液検査IgE RAST法、一般血液検査などを行います。しかし、はっきりとした原因がわからないことも少なくありません。
蕁麻疹の治療には、主に抗ヒスタミン薬を使います。重症のケースでは、免疫抑制薬やステロイドの内服薬を用いたりもします。多くの人は数日で症状が治まりますが、医師の指示に従って飲み続け、徐々に薬を減らしていくことが大切です。

地域医療連携

診療カレンダー

11月
29
診 療
30
診 療
31
休 診
01
診 療
02
診 療
03
祝日
04
休 診
05
診 療
06
診 療
07
休 診
08
診 療
09
診 療
10
午後休
11
休 診
12
診 療
13
診 療
14
休 診
15
診 療
16
診 療
17
午後休
18
休 診
19
診 療
20
診 療
21
休 診
22
診 療
23
祝日
24
午後休
25
休 診
26
診 療
27
診 療
28
休 診
29
診 療
30
診 療
01
午後休
02
休 診
12月
26
診 療
27
診 療
28
休 診
29
診 療
30
診 療
01
午後休
02
休 診
03
診 療
04
診 療
05
休 診
06
診 療
07
診 療
08
午後休
09
休 診
10
診 療
11
診 療
12
休 診
13
診 療
14
診 療
15
午後休
16
休 診
17
診 療
18
診 療
19
休 診
20
診 療
21
診 療
22
午後休
23
祝日
24
祝日
25
診 療
26
休 診
27
診 療
28
診 療
29
午後休
30
休 診
31
診 療
01
祝日
02
休 診
03
診 療
04
診 療
05
午後休
06
休 診
  • 休診
  • 午後休診
  • 代診午前
  • 代診午後

クリニック概要

名称 葉子こどもクリニック 院長 田中 葉子
診療科目 小児科・アレルギー科
住所 〒185-0012
東京都国分寺市本町2-20-16
アクセス JR中央線 国分寺駅より 徒歩約5分
駐車場 無料駐車場 4台 あり
TEL 042-320-2525
予約専用番号 042-300-4890
休診日 水曜、日曜、祝日
診療時間 日・祝
9:00-
12:00
14:00-
15:00
15:00-
18:00

:予防接種、乳幼児健診

※予防接種、乳幼児健診のみの予約枠です。お電話かインターネットで御予約ください。

※上記以外に、通常診療時間にも予防接種予約枠があります。どうぞ御利用ください。

インターネット予約はこちら

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。